お知らせ 節を編集

PSO2esの情報を募集中です。どんな些細なことでもかまいませんので、
情報をお持ちの方は【スマホ版】PSO2es情報提供スレ part1へお願いします。

概要 節を編集

クエスト名必要行動力獲得経験値獲得メセタボス距離目安時間
テクター開放クエスト15
討伐目標敵レベルエネミー
Lv.
Lv.
 

スノウバンサー 節を編集

弱点属性
特徴・攻略弱点部位:頭部
部位破壊:黄色い板状突起6箇所 (たてがみ、両手足爪、尾の根元)
状態異常:バーン
出現クエスト凍土探索:BOSS
デ・マルモス鎮圧:Eトライアル(CHANGE OVER)
備考二つ名エネミー:暴君スノウバンサー

惑星ナベリウス:凍土に棲息する原生種。雄。

  • 移動距離が大きく、捕捉しづらいうえに、恐ろしく俊敏。
    新フィールド最初にして最低・最悪といわれる関門で、数多のアークスが凍土突破を阻まれている。
    • スノウバンシーとペアで襲ってくる。バンシーを先に倒し、次にバンサーを倒そう。
    • 難易度ノーマルが追加された9月12日のアップデート以降、行動の激しさは落とされている模様。

      ただし攻撃力は相変わらず高い設定なので、少なくとも同じLvにまで追い付かないと一発のミスによる即死の可能性が大きい。
  • ハード難易度以上のレベルにおけるクエストボス時はスノウバンシーが瀕死になると乱入してくる。

    手早くスノウバンシーを倒してしまわないと、人数が少ない場合2匹の猛ラッシュであっという間に死亡してしまう。
  • 乱入の際は崖の上で咆哮してから降りてくる。バンシーも同調するように咆哮するのでそれを見て確認すると良い。
  • 全体的にバンシーよりも攻撃回数が多く、怒り時はさらに行動後の隙が少なくなる。
    • そのため一度でも大ダメージを受けようものなら、回復の隙に再び攻撃を受けるのを延々と繰り返すという最悪のパターンが頻繁に起こりうるだろう。
    • スノウバンシーにも言えることだが、回復はしない、一発でも食らったら即死くらいの気持ちで挑まねば難しいだろう。
  • 足の爪の部分を”全て”破壊すると氷のエッジが利かなくなり、特定行動後に足を滑らせたり転倒するようになる。
    • ただし、転倒しながら遠くまで滑って逃げてしまうので、職によっては余計に戦いづらくなることもある。
      また、起き上がり時の前動作がない攻撃を見極められなくなるなどの弊害もある。
  • バーン状態が有効。髪が炎上し悶絶&転倒させることができる。(足への攻撃では燃えない為、頭か身体に当てる必要がある模様)
  • キーボード使用者は回避キー(デフォルトは「X」)を使いやすい箇所に設定し直す事をオススメする。
  • 探索奥地では怒り状態が2段階ある。パンシー撃破後、体力低下時の2回。2段階になるとさらにモーションが輪をかけて速くなる。
    • 討伐後は新ボス恒例の倒れこみダメージがある。特に消耗しやすいスノウバンサー戦ではこの悪あがきでトドメを刺されてしまいやすい
      特にクエストボスの際はカメラワークでキャラクターの操作を阻害されがちなので、最後まで気を抜かないように。
行動追加効果説明
前方突進ダウン全身に衝撃波を纏って突進し、前方を引っ掻く。至近距離にいる場合は後方であろうとダウンさせられる。
一度距離を取る場合があるが、下記の往復なぎ払いと勘違いすると不意打ち気味に突進されるので注意。
往復なぎ払い吹き飛ばしダウン一旦距離を取って唸ってみせた後、飛び掛りざまに何度も引っ掻いてくる攻撃。
射程内に入るまでは蛇行するように走ってくるがプレイヤーに身体の向きを正対させると飛び掛ってくるので、正対しきったタイミングで回避かガードする
判定の方が早いので飛び掛かり攻撃を見てからでは間に合わない事が多い。
数回の往復を終えた後はその場で唸る隙があるが、怒り時には回数が増える上に隙が消滅しそのまま次の攻撃に移ってくる。
場合によっては10回以上往復されることもある。
全ての足を破壊した後は一度飛び掛るごとに転倒し、最後の一回で一際大きくすっ転ぶようになるので攻撃のチャンス。
後足でキックダウン初動は後足を前足側まで引き付ける動作
見た目より上の方まで攻撃判定がある為、地形の高低差が無い場所でのジャンプ回避は出来ない模様
怒り時、前方突進の後に対象が後ろ側にいるとつなげて使用してくる場合がある。
横引っ掻きよろめき前足を横に広げてから前方を薙ぐように振る。
下記の爪振り下ろしと合わせて数回連続で行うことが多い。
(※プレイヤー人数や怒り状態によって回数が増える。通常は2回、怒り時3回、人数によって+1回までを確認)
2回目以降は向きを合わせながら引っ掻いてくるため攻撃範囲が広く、ほとんど真後ろまで爪が届いてくる。。
爪振り下ろしダウンほとんど予備動作なく飛び込んでくる前足による攻撃。横移動での回避がほぼ不可能なほど追尾する。
近~中距離でプレイヤーと軸が合ってると使ってくる事が多い
大抵の場合は上記の横引っ掻きを組み合わせて連続で使用してくる。
発動まで誘導があり、攻撃判定はほとんど全身にある上動作も非常に早いので、
普段から正面付近に立たない事が一番の対処法。
アイスブレスフリーズ口元に白い息のエフェクトの後、前方へブレス攻撃。
動作が大きくスキだらけなので安全に前足や顔面を攻撃出来るチャンス。
必ず右から左へ薙ぐように吐くので、正面にいた場合は逆側に逃げると避けやすい。
咆哮吹き飛ばしダウン怒り状態へと移行するモーション。初動は足を止めて頭を振り回す動作
射程は長く、全方位に持続時間長めの攻撃判定が発生する
掴み攻撃正面口付近で停滞すると使用してくる飛びかかり攻撃。
あぐあぐと数回齧り付かれた後ダウンさせられる。攻撃力が高いため注意。
着地後に対象が後ろへ回ると後ろ足キックへと繋げてくる場合がある。
くつろぐ体力が多く、怒り状態でない時のみ稀にする行動。後ろ足で耳を掻いたり、欠伸をしたりする。
撃破後の倒れこみ撃破後の倒れるモーションにも攻撃判定がある。相討ちに注意
各種別の考察ページ
※暫定的にクラス考察ページに掲載されています
  • ハンター考察#ボス考察?
  • レンジャー考察#ボス考察?
  • フォース考察#ボス考察?
  • 共通系考察#ボスでの立ち回り?

外部リンク 節を編集

コメント 節を編集

コメントはありません。 テクター開放クエスト/コメント?

お名前:

荒らし行為を行った場合はプロバイダーに通報します。