概要 節を編集

ストーリーのネタバレ情報を大量に含んでいます。注意して下さい

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

「虚空機関」とは、アークスを影から支配していた謎の組織および研究所の総称である。
「虚空機関」と書いて「ヴォイド」と読む。

総室長はルーサーで、過去にアキライトも所属していた。

悪逆非道の数々 節を編集

  • 人体実験
    10年前に誘拐したサラの遺伝子情報を用いて大量のクローン人間クラリスクレイスを製造しまくっていた。
  • 人体実験その2
    造龍「ハドレッド」と、同じ研究室で育てたクーナを被験体として酷い扱いをしまくり、クーナを庇って実験体になったハドレッドが激怒して研究所を脱走した。
  • 人体実験その3
    ウルクを失い悲しみのどん底にあったテオドールを甘言で誘って拉致し、こともあろうかニューマンからデューマンへと改造手術してしまった。
    なお、その際テオドールが「やめろ!やめるんだ!ルーサー!」と叫んだかどうかは定かではない。
  • 原生生物の実験
    惑星ウォパルを広大な実験ランドとして使用していた。
    ウォパルの海王種は、カブラカン達も含めて全てがルーサーの実験の末に誕生した人工生命体である。
  • 失態その1
    研究所職員のアキに、様々な非人道的実験をやらせようとした結果、彼女の怒りを買って研究所を爆破されてしまう。
  • 失態その2
    アークス一の情報屋ことパティティアに既に存在を嗅ぎ付けられていた。しかも浮上施設の秘密にも勘づかれていた。
  • 失態その3
    逃走したアキのお目付け役として、刺客・ライトを送り込んだが、お人よしで真面目な彼はアキ側にいとも簡単に寝返り、研究所に逆スパイされ機密情報を色々盗み出されてしまう。
  • 失態その4
    堂々と嗅ぎまわってくるプレイヤーがうざいので粛清しようと、全市民の命を人質にレギアスを脅し、全アークスに「絶対令<アビス>」を発令してもらった。
    だが、手駒と思い込んでた筈のカスラにはとっくの昔に裏切られており、ハドレッドの仇とばかりにクーナに機関の秘密を公にされた挙句、絶対令を解除されてしまった。
  • 失態その5
    全知を求めるあまり、シオンと融合して自分だけの物にしようとしたルーサーだが、シオンに100%中の100%拒絶されてしまい、怒りでダークファルスとしての本性を表わし、マザーシップを壊滅させたらプレイヤーとレギアス【双子】にボコボコにされてしまった。
この項目は書きかけです。探せばまだ色々機関の悪行が出てくるかもしれません。

コメント 節を編集

コメントはありません。 虚空機関/コメント?

お名前:

荒らし行為を行った場合はプロバイダーに通報します。