アクション・PA/ソード [編集]



概要 [編集]

比較的広めの攻撃範囲を持ち、通常攻撃中は武器アクション操作で素早くガード状態に移行できる

  • 装備不可能なクラス構成であってもアイテムラボにてソード系の武器をマルチウェポンの素材にすることで使用することが可能。
    ただし使用できるのは通常攻撃や武器アクションと言った基本行動のみで、フォトンアーツは使用できない。
    またクラスのスキルが関わるものも発動不可能

基本行動 [編集]

通常攻撃 [編集]

武器を振って3段階の攻撃を繰り出す
3段階目を振った後は1段階目に戻る

ソードアタックエクストラ
ハンターのスキルによって追加される
3段階目の後に、4~5段階目の攻撃モーションが追加される
5段階目を振った後は1段階目に戻る

武器アクション [編集]

武器を身の前に構えて防御する「ガード」を行う
ガード状態で攻撃を受けるとダメージを軽減する
攻撃中に武器アクション入力を行うと攻撃をキャンセルしてガードすることができるタイミングがある

敵の攻撃タイミングに合わせてガードを行うとダメージを無効化する「ジャストガード」となる

ソードガードカウンター
ハンターのスキルによって追加される
ジャストガード成立時に自動でカウンター攻撃を繰り出す
ソードガードカウンタープラス
ハンターのスキルによって追加される
上記の自動カウンター攻撃発動中に通常攻撃を使うことで追加でカウンター攻撃を行う

ステップアタック [編集]

回避アクション「ステップ」中に通常攻撃を使うと発動
前方に蹴りを放つ
ステップでの攻撃回避に成功した直後に放つとステップカウンターに変化し
武器で前方を薙ぎ払う

ダッシュアタック [編集]

フォトンダッシュ中に通常攻撃を使うと発動
滑りながら大きく薙ぎ払う攻撃

ダイブアタック [編集]

ジャンプボタンと通常攻撃の同時入力、または武器もしくはサブパレットにダイブアタックを設定してそれを使用すると発動
空中から地面へ武器を叩きつける

再発動までの時間は長め


ここから下の動作はメインもしくはサブどちらかのクラスにハンターを含んでいなければ使用できない

フォトンブラスト [編集]

左上から右下へ斜めに斬り下ろし、右から左へ薙ぎ払う2段斬り
斬る回数自体は2回だが攻撃のヒット数は多い

フォトンアーツ [編集]

スパイラルエッジ [編集]

”大剣 (ソード) ”用のフォトンアーツ。
回転しながら上昇し、斬撃を放つ。
チャージすることで、威力が上昇する。

Lv.1
威力700
消費PP25

ツイストザッパー [編集]

”大剣(ソード)”用のフォトンアーツ。
回転しながら、横方向に斬撃を放つ。
チャージすることで、スピン回数が増加する。

Lv.1
威力850
消費PP28

ストリークキャリバー [編集]

“大剣(ソード)”用のフォトンアーツ。
強力な一閃を繰り出す。
発動後、さらにPAボタンを押すことで最大3回攻撃が発生する。
また、チャージすることで、ヒット回数が増加する。

Lv.1
威力3200
消費PP35
  • 連続で入力すると異なるモーションで3段階まで斬撃を放つ
    • PPを消費するのは1段階目の発動時のみ
      2段階目・3段階目の斬撃は消費無しで放つ
  • 長押しし続けることでチャージを行い、完了すると連続ヒットする剣閃を残す
    • 他のPAのようにチャージ状態を維持しておくことはできない
    • チャージ版と通常版を混ぜて使うことも可能
      ダウン中にチャージ版を続けて出しつつ、ダウンから復帰して距離を開けられる前に最後だけ無チャージで出し切る等