フォトンアーツ/ツインマシンガン [編集]


アサルトライフルPA | ランチャーPA | ツインマシンガンPA

概要 [編集]

  • ホールドPAは掴むことができなかった場合、代わりに光の玉を掴んで攻撃する。
  • ホールドPA発動時にギアゲージを消費するとダメージが30%上昇する。
  • ワイヤードランスギアの効果も相まって、全般的に威力が高いのが特徴。
  • 巻き込みによるダメージを除き、一部を除くほぼすべてのPAが対象をホールドする(掴む)。
    本項ではこれらのPAをホールドPAと表記している。
  • ホールドすると他プレイヤーから見て敵がワープしたり、強制的にロックオンが外されるため、
    自分以外の攻撃を阻害することが多く、迷惑プレイになりやすい。
    マルチパーティーエリアやパーティープレイ時では、重々注意しよう。

クラス構成に「ガンナー」を含む場合にツインマシンガン系武器で使用できるフォトンアーツ。

ツインマシンガンは射撃武器に分類されるが、その殆どのPAが近距離用PAないしはターゲットに接近しつつ攻撃するPAとなっている。
また、殆どのPAにエネミーへの「吹き飛ばし or ダウン or スタン」などの追加効果があったり、自身がスローモーションになるなど、癖の強い挙動が特徴。

  • エネミーに接近するPAはダメージを負うリスクが高くなるためなのか高威力のものが多い。
    ガンナー自身のPP回復能力が高めなので、立ち回り次第では接敵した状態で絶え間ないPAによる大ダメージを叩き出す事が可能。

攻撃一覧 [編集]

エリアルシューティング [編集]

『双機銃』用のフォトンアーツ。
強力な蹴撃で目標を打ち上げる。 チャージすることで追撃を行う。

Lv.12345678910
威力
技量補正100%
消費PP15
必要射撃力96100150210240288308324332374
Lv.11121314151617181920
威力9861095
技量補正100%
消費PP15
必要射撃力394402430440455470
ディスク
入手法
  • 前方に移動し蹴り上げる攻撃、攻撃範囲は狭いがヒット時はエネミーを真上に蹴り上げる。
    ただし、ダウン中のエネミー、岩を持っている時のザウーダン等、蹴り上げる事が出来ない状況がいくつかある。
  • 前進には誘導性能が無く、発動時にキャラの向いている方向へと進む。
    その後は一定距離を進むか、エネミーに接触した時点で蹴り上げ動作へ移行する。
    エネミーに密着してから発動させるとすぐに蹴り上げる。
  • 接近(or回避)手段、動作短め(チャージ無し時)、低コスト、追撃可能、ダウン属性と高性能なPA。
    攻撃範囲が狭いのが欠点だが、慣れれば十分カバー出来る欠点なので問題ないだろう。
    (地上ヒット)蹴り上げからサテライトエイムやリバースタップ、あるいはジャンプして通常射撃から各種PAに連携するなどバリエーションも豊富。
  • ジャンプ中に使った場合は接近動作が無く、蹴り上げ攻撃のみ行う。
    結果として、攻撃が早くなるので飛行エネミーを蹴り落とすのにも使える。
  • 消費PPが15と少ない上に動作後の隙も僅かなので気軽に使えるのも強み。接近や回避、ボスモンスターの弱点高度まで上る為だけに使ってもいい。
  • 蹴り上げ前の接近動作は素早いが無敵ではない。この時に攻撃を受けて以降の蹴り上げ動作を中断させられる事もある。
  • チャージ可能。チャージすると蹴り上げ動作後に自身も蹴りを繰り出しつつジャンプして追撃する3ヒットコンボになる。
    追撃の攻撃判定は狭い。エネミーの大きさにもよるが最初の蹴り上げが間合いギリギリだったり、軸がズレていると外す事も多い。
  • チャージ版は通常版より大きく高度を稼げるため、あらかじめチャージしてジャンプから発動したり、TマシンガンアーツSチャージを利用して空中で発動するなどすれば一気に敵の頭上まで上がることができる。