戦闘の仕組み [編集]




基本動作 [編集]

クラスや武器による影響を受けない基本の動き

ステップ [編集]

回避キーを短く押すと短距離を移動しながら回避する
ステップ中に通常攻撃でステップアタックが発動する
回避に成功すると音が鳴り、直後に通常攻撃を入力するとステップカウンターが発動する
ステップアタック、ステップカウンター共に武器カテゴリ毎に攻撃内容は異なる

フォトンダッシュ [編集]

回避キーを押し続けるとステップの後に高速移動の「フォトンダッシュ」に移行する
フォトンダッシュになるとステップで回避に成功していてもステップカウンター発動の判定が消え、通常攻撃でダッシュアタックが発動する状態になる
ダッシュアタックは武器カテゴリ毎に攻撃内容は異なる

フォトングライド [編集]

ジャンプ中にジャンプキーを長押しすると落下速度が緩やかになり、そのまま移動ができる「フォトングライド」に移行する

アップドラフター [編集]

フォトングライドの状態でアップドラフターの範囲内に入ると高度が上昇する
アップドラフターのエフェクトが消える場所まで移動可能
向いている方向が横や斜め上などの場合はその方向へ移動する

攻撃関連 [編集]

適正距離 [編集]

一部の武器カテゴリは適切な距離で攻撃を当てることで威力が上昇する
適正距離ではターゲットマーカーの色がオレンジ色に変化する

  • 打撃武器
    • ワイヤードランス
      • ワイヤードランスでの攻撃の射程限界付近の距離
  • 射撃武器
    • アサルトライフル
      • 中距離
    • ツインマシンガン
      • 近距離

弱点部位 [編集]

エネミーには弱点となる部位が存在する場合がある
アルターズ系エネミーに付いている目のような紋様や、ドールズ系エネミーの黄色いコアパーツなどがそれ
弱点部位へ攻撃がヒットするとダメージ表示の数字が青い色になる

自分とエネミーのレベル差による影響 [編集]

  • 自分のレベルよりエネミーのレベルが5以上高いと攻撃力に関わらず与えるダメージが「1」になる
    また撃破による報酬(経験値・タスクの撃破数カウント・ドロップアイテム・メセタ・期間限定イベント中のシーズナルポイント)も一切手に入らない
    (5以上は5も含むため、Lv.24の敵と戦う場合Lv.19ではレベル差の影響を受ける)
  • 自分のレベルがエネミーのレベルより5以上高いと経験値が減少する
    自分が低い場合の入手判定消失だけでなく、自分が高過ぎる場合でもレベル差の影響を受けるため適正なレベル差のエネミーと戦わないと経験値は少ししか手に入らない
レベル差の影響がある状況一覧
対象のエネミーエネミーレベルプレイヤーに必要なレベル経験値が減少するレベル
ギガンティクス
絶望の
Lv.24Lv.20Lv.29[1][2]
緊急クエストLv.17Lv.13Lv.22[1][3]
ドレッドエネミー
老練の
Lv.15Lv.11Lv.20[4]

仕様変更の履歴

  • 2021年7月14日のアップデートでダメージ減衰発生中は与えるダメージが1になるよう変更された(変更前はダメージの大幅ダウンのみ)
    そのほか、ダメージ減衰が発生している場合に報酬入手判定(経験値・タスク進行・ドロップアイテム・メセタ・シーズナルポイント)とエネミーHP増加判定の対象から外れるようになった

エネミーのHP [編集]

エネミーの周辺にいるプレイヤーの数に応じてエネミーのHPが増加する

物理ダウン [編集]

エネミーの特定部位を攻撃し続けることで発生するダウン状態
対象となる部位はエネミー毎に異なり、攻撃した際エネミーの身体に黄色い波紋のようなエフェクトが出る部位へ攻撃を続けると発生する

属性ダウン [編集]

弱点属性攻撃で発生する
一部の属性付き武器や、法撃武器で発動できるテクニック、タリスの陣形展開状態で放つ属性付き特殊弾、ウォンド系武器での法撃爆発などでダウン値を蓄積させる事ができる

部位破壊 [編集]

一部のエネミーは装甲や尻尾などの部位を壊すことが出来る
破壊する事で攻撃が弱くなったり、弱点部位が現れたりなど戦闘を有利に進めることが出来る

ダメージ計算 [編集]

ダメージの振れ幅 [編集]

攻撃のダメージには振れ幅がある
武器の詳細情報2ページ目のダメージ補正で確認できる

クリティカルヒット [編集]

一定確率で上記の振れ幅最大値以上のダメージが出る
下記のダメージ計算より最大ダメージの1.2倍のダメージになる模様

旧PSO2の「振れ幅の最大値が出ること」ではなく、NGSでは最大値+ダメージ増加の効果になっている

威力 [編集]

武器の潜在能力や、特殊能力などにある「威力」とは与えるダメージをその%分増やす効果のこと

防具のパラメータや、特殊能力には『打撃武器威力』といった武器の攻撃種別を限定している効果もある
この場合、アイコンの色が赤い物が打撃武器、青い物が射撃武器、黄色いものが法撃武器で、対応していない種別では威力を増やす効果は発揮されない

威力下限補正 [編集]

特殊能力の「威力下限補正」とは上記の「ダメージの振れ幅」の最低値を底上げする効果のこと
例として攻撃時に与えるダメージが250~300の時に特殊能力で威力下限補正を増加させると250の部分のダメージ値を上げることができる

ダメージ耐性 [編集]

武器の潜在能力や、防具のパラメータ、特殊能力などにある「ダメージ耐性」とはその%分ダメージを減らす効果のこと

例として200ダメージ受ける攻撃をダメージ耐性3%の状態で受けると194になるといった効果

実測値まとめ [編集]

試行回数の少なさという問題があるものの、以下の性能下において検証を行った。

メイン/サブ:テクターLv20/フォースLv20
表示攻撃力:924
武器上昇(武器威力合計):打撃+14%, 法撃+14%
武器:キャトリアウォンド+40(ダメージ補正:77%~100%, 威力+26.0%, クリティカル発生率+12%)
リア/ラッピーシャイン+10(威力+6.0%)
アーム/ノヴェルワン+10(威力+4.0%)
クアルデアーマ・ツェザ+40(威力0%)
フード(威力+5%)
対象エネミー:Lv1 リザド・フレイ
攻撃手段:ダッシュアタック
合計試行回数:104回

最小ダメージ:413
最小ダメージ回数:3回
最大ダメージ:438
最大ダメージ回数:38回
クリティカルダメージ:526
クリティカル回数:20回
実測クリティカル率:19.23%
検証回数(クリティカル除外):84回
平均値(クリティカル除く):431.202381
ダメージ補正における補正値の平均:98.448%

上記の検証結果から、素のクリティカル発生率は7%以上、8%未満、クリティカルダメージ倍率は120%ではないかと推測される。
フードの効果が消失した後に検証すると、クリティカルダメージは501となり、501×1.05=526.05であるため、フードによるブースト効果は、同一能力への加算ではなく、最終ステータスへの乗算であると思われる。
武器威力に関しては、ハンターLv17/テクターLv20、表示攻撃力892、フードなしの構成で試したところ、武器威力+13%でクリティカルダメージ420、武器威力+14%でクリティカルダメージ426となった。
この6ポイントの変動については、まだ具体的な計算が確立していない。
余談だが、上記の検証の後に法撃爆発分の属性を乗せた状態のダッシュアタックを行うと、弱点属性か否かに拘わらず、クリティカルダメージが2ポイント上昇した。
よって、ダッシュアタックでは法撃爆発は見た目通り動作していないが、微量ながら属性による性能の追加分があるものと思われる。

また別件で、PSO2における★15武器である光纏棍クラースヴァージ+35のSOP含むOP8個積みと、NGSにおける★4武器であるキャトリアウォンド+40の潜在能力Lv3のOPなしをそれぞれ用意してダメージ比較を行ったところ、最大ダメージは同等であった。
そのため、積むOPによっては、+40強化したNGSの★4武器は、PSO2の★15武器を火力面で上回るものと思われる。

その他の検証結果も募集中。

+  旧PSO2


[1] 2021/7時点では上限レベルが20のため該当する状況にはならない
[2] アップデートによるレベルキャップ解放でギガンティクスのレベルも変化する場合はこの限りではない
[3] アップデートによるレベルキャップ解放で緊急クエストのエネミーレベルも変化する場合はこの限りではない
[4] アップデートによるレベルキャップ解放でドレッドエネミーのレベルも変化する場合はこの限りではない