テクニック/複合属性 [編集]



概要 [編集]

EPISODE3以降のクラリスクレイス?が開発している2つの属性のテクニックを複合させた新たなテクニック。

専用ゲージを消費して発動する「複合属性テクニック」と、通常のテクニック同様にPPを消費して発動する「略式複合テクニック」の2種類が存在する。

双方に共通する仕様として

  • メインクラスがフォース?もしくはテクター?ロッド系武器?タリス系武器?ウォンド系武器?を装備している状態でなければ使用できない。
    法撃武器カテゴリに分類されているがジェットブーツ系武器?装備中では使用できないので注意。
  • 2つの属性の攻撃を繰り出し、使用可能クラスが持つテクニックの属性マスタリー効果が両方の属性に対して適用される
    • (例:炎と闇属性の複合属性テクニック「フォメルギオン」には、フォースのフレイムマスタリー・テクターのダークマスタリー両方の効果が、炎属性部分か闇属性部分かは関係なく攻撃全体に対して適用される)

複合属性テクニック [編集]

※ 注意
EP4モードでは登場するまで上記クライアントオーダーが発生しないため、入手方法に「フォトンドロップ交換ショップ?」での交換が追加された。
EP5モードでは最初から登場しているので、条件を満たせばオーダーを受ける事が可能。
  • 通常のテクニックと異なり、複合属性テクニックをサブパレットにセットした状態で、攻撃テクニック・法撃爆発・ウォンドPAでダメージを与えてゲージをためなければ使用できない。
    マグのフォトンブラストに近い仕様で、ゲージが最大までたまるとアイコンが点灯して使用可能になる。
    • サブパレット長押しでチャージし、チャージ完了後に離すと発動する。チャージなしで使うことはできない。(不発になる)
  • 一度発動するとゲージが0に戻り、再度ゲージをためるまで使用できない。
  • ゲージは各々のアイコンの周りに存在しているが独立しておらず、例えばザンディオンを使用するとフォメルギオンのゲージも0に戻る。
  • チャージ完了後もミラージュエスケープ (ステップ) でキャンセルできる。その際ゲージは消費されない。
  • ゲージのたまり方は与ダメージに依存する。マグのフォトンブラストゲージのように低難度でのオーバーキルですぐにたまる、といったことはない。
    1ヒットあたりのゲージの蓄積に上限が設けられており、超高火力の1ヒットより、合計ダメージがそれと同じになる複数ヒット攻撃の方が溜まり方がいい。
    そのため、2019年2月現在、多段ヒットが多く威力もある光属性テクニックの蓄積のしやすさが抜き出ている。
  • ゲージをためること自体はロッド、タリス、ウォンドを装備している必要はなく、例えばバレットボウ系武器?を装備してテクニックを当ててもためることができる。
    また、ペット?の攻撃でも一応ゲージはたまる模様。(ただしサモナーは複合属性テクニックを使用できず、全クラス装備可能なタクトを装備しない限りフォース・テクターでペットを使役することはできないため、あくまでためることができるというだけで特に意味は無い)